食品関係
2015/07/09

海藻粉砕ライン改修

海藻を紛体に加工するラインにおいて、人手により破砕機への目測投入をやめベルトフィーダーに変更する事で、製造量の安定化及び安全性を向上しつつ省力化する。

製品名
海藻粉砕ライン改修[ベルトフィーダー追加他]

納入時期
H27年7月
納入場所
徳島県
用途・目的
海藻を紛体に加工するラインにおいて、人手により破砕機への目測投入をやめベルトフィーダーに変更する事で、製造量の安定化及び安全性を向上しつつ省力化する。
一言コメント
人手による目測投入では製造量にばらつきが出るだけではなく、粉砕機付近の作業は巻き込まれ事故等を発生させる要因となる。本工事にて、これを解消する事が出来、同時に供給が安定する事で破砕・粉砕機の負荷が安定し、急激な負荷による破損や焼損のリスクが低くなる。また、常に投入作業に張り付く必要がなくなる為、別作業等を行うことが出来るようになる。